« 今年の大玉スイカは? | トップページ | スタッフ日誌 »

2009年8月15日 (土)

魂のリベンジ

8月14日(金)、恒例の第13回和田農園バ-ベキュ-パ-ティ-が開催された。
園主がサラリ-マンを辞め、社会保険労務士の仕事を始めた年から、とぎれることなく毎年開かれている一大イベントだ。
 
近郊だけでなく、遠方からの仲間も集まり、朝から夕方まで時間を気にせず、心ゆくまで語り合う。豪華な海の幸、ジュ-シ-なお肉、新鮮野菜に本格サ-バ-の生ビア~と、この上ない贅沢パ-ティ-が繰り広げられる。

 
予想外の曇天に恵まれ、絶好のバ-ベキュ-日和。皆が和気あいあいに楽しむ中、何故か園主は落ち着かない。今日は、あの大玉スイカのリベンジの日なのだ。正午前、希望者を募って和田農園収穫ツア-が始まった。
 
まずは、主役の大玉スイカへ参加者を導き披露する。直径30㎝余の大玉に皆が絶句。蔓を切り、抱え上げればずっしり重く、ゆうに12㎏を超える勇姿に、園主は鼻高々だ。なす、水なす、ミニトマト、青とうがらしなどを収穫、大玉スイカは、あっというまに大型ク-ラ-BOXに収納された。

 
午後3時、いよいよ運命のデザ-トタイムが始まった。ここのところの雨水を、充分すぎるほど吸い上げている大玉スイカ。甘さは大丈夫か?緊張な面持ちで、園主みずから包丁をあてがう。「ザクッ!!」刃先より先に切れ込みが入る。弾けるように二つになったスイカは、真っ赤に熟していた。でも、甘さは?皆の反応が気にかかる。210818_015210818_016




「うわ~、甘~い!!」「美味し~い!」子供達の歓声を聴きながら、ようやく園主も我に帰り、ゆっくりと味わってみる。「う~ん、これは、甘い!!」園主の顔がほころんだ。

今年のスイカは大成功、こうして園主の魂のリベンジは達成された!

※写真をクリックすると画像が大きく表示されます。
__________________________________
千葉市 若葉区 和田労務管理事務所 社会保険労務士 和田治文 和田農園

|

« 今年の大玉スイカは? | トップページ | スタッフ日誌 »